ブルとベアーの株投資判断格付け研究所

アメリカETFを専門にやっている長期投資家が、個別株を株投資判断格付けを行う研究所

3月12日日本たばこ産業の株投資判断格付け

2013.03.12 (Tue)
本日調べる会社は、日本で唯一のことを許されているい会社です。
この会社しかやってはいけないと言うことになっております。
独占企業。

いいのか、悪いのかと聞かれれば、私は悪いと捉えます。
競争が生まれませんしね。
タバコ屋さんですが、食品製造メーカーと言ってもいいのかもしれません。

幅広い食品を扱っております。
禁煙が叫ばれている昨今、たばこ事業の拡大は難しでしょうね。
たばこ税が一番政治家に狙われやすいですからね。
本日調べる銘柄は、日本たばこ産業(JT)です。

日本たばこ産業 (2914)
2008年 一株利益124.6円 配当24円
2009年 一株利益64.4円 配当27円
2010年 一株利益72.3円 配当29円
2011年 一株利益127.1円 配当34円
2012年 一株利益168.5円 配当50円
2013年予想 一株利益169.6円 配当60円
2014年予想 一株利益180.6円 配当60円~70円


5年平均の売上純利益率が4.7%
5年平均の自己資本利益率(ROE)が12.4%
5年平均の配当成長率が20.11%


営業キャッシュフロー 5515億円
投資キャッシュフロー マイナス1038億円
財務キャッシュフロー マイナス2790億円



2013年3月12日現在1株2990円
予想PERが18.12倍
予想配当利回りが2.17%
自己資本比率が47.1%


以上の情報を私独自に数字化をする。
長期投資家の私の見解で日本たばこ産業(JT)を分析。
結果は、
100点満点中50点
投資判断格付けは、「中立B」


現在大株主は財務省ですが、売却予定。
売却しても筆頭株主は維持すると思われる。
独占企業だから、もっと高評価になると思ったが、やはりタバコ屋は苦しいようだ。

他の事業をいかに稼ぎ頭にするかがポイントだろう。
海外の買収を積極的にやっており、たばこ事業の割合は将来的に小さくなることだろう。

投資の参考にしていただければと思います。
投資は自己責任です。
余裕資金で、投資をお楽しみください。
それでは、また
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」  

コメント


管理者のみに表示

トラックバック