ブルとベアーの株投資判断格付け研究所

アメリカETFを専門にやっている長期投資家が、個別株を株投資判断格付けを行う研究所

指定期間 の記事一覧

運用成績

2013.04.30 (Tue)
4月も終わりましたので毎月恒例の4月分の運用成績を発表したいと思います。
個別銘柄から発表します。
ドル購入平均レート:80.38円(0.25円購入手数料込)
バンガード トータルストックマーケットETF(VTI)平均購入額:66.56ドル
投資金額ドル換算損益率:プラス23.1974%
投資金額円換算損益率:プラス50.7290%


ドル購入平均レート:80.38円(0.25円購入手数料込)
iシェアズFTSE EPRA/NAREIT先進(米外)不動産インデックス・ファンド(IFGL)平均購入額:33.37ドル
投資金額ドル換算損益率:プラス9.3856%
投資金額円換算損益率:プラス21.0176%


気になる私のポートフォリオの運用成績発表です。
分配金を含んだ運用成績となっております。
投資金額ドル換算損益率:プラス26.7491%
投資金額円換算損益率:プラス54.4994%


非常に好成績を叩き出しました。
投資金額円換算損益率は、目標としていたプラス50%を突破。
これにより、過去の大不況が再び来ても元本が割れないともくろんでおります。

過去に例を見ない大不況が来たら、元本が割れているでしょうが、私よりも周りの方が大変なことになるでしょうけどね。
安部総理大臣のアベノミクスと黒田日銀総裁の異次元的な金融政策(バズーカ砲)により、円安と株高の好循環が続いている。
若干調節が見られたが、やはり円安は続いているようだ。

日本株をやらない私にとっては、日本株上昇は全く関係ない。
しかしながら、円安はドル高につながる。
アメリカETFを専門にやっている私としては、ドル高は資産増加につながる。

今回の好成績もその要因が大きい。
私はだいたい80円ほどでアメリカドルを購入した。
現在98円ほどですから、それだけで資産が約25%程増えている。

アメリカETFを購入するたびに、ドル購入平均レートが上昇するのが、何となく残念だ。
仕方ないことなんですが、やはり何となく残念だ。
今まで安く買えたことに対して、無能だった民主党と歴代日銀総裁に感謝しよう。

4月にバンガード トータルストックマーケットETF(VTI)を購入しましたので、若干ドル購入平均レートとバンガード トータルストックマーケットETF(VTI)平均購入額が上昇しております。
それ以上に上昇しておりますから、結果的には資産増加につながりました。
正しい判断だったようです。

今日も、バンガード トータル ワールド ストックETF (VT)とバンガード トータルストックマーケットETF (VTI)を比較したいと思います。世界の株に投資をするか、アメリカ株だけに投資をするかの比較のためです。年初に投資をしたらどのくらいのリターンになったかを書いていこうと思います。つまり、4ヶ月のリターンです。
バンガード トータル ワールド ストックETF (VT)プラス8.4176%
バンガード トータルストックマーケットETF (VTI)プラス12.4044%


今月も4%程、アメリカ株が勝っております。
アメリカ株の強さが非常に目立っております。
どうなるでしょうかね。

今回も運用成績で私が唯一個人株主をやっているフェイスブックの運用成績も追いかけております。
私にとっては、宝くじ感覚で買っておりますので、そこまで大きく望んでおりません。
それでは、発表いたします。

フェイスブック(FB)購入額:29.62ドル
投資金額ドル換算損益率:マイナス8.9282%
投資金額円換算損益率:プラス13.5122%


若干改善しました。
気長に待ちましょうかね。
宝くじ感覚です。
それでは、また

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 
関連記事
スポンサーサイト

4月30日JKホールディングスの株投資判断格付け

2013.04.30 (Tue)
最初私は、石油屋さんだと思っておりました。
全く違う会社。
合板、建材の専門商社。

国内では1位の立派な会社です。
知らないよな、普通の人は合板と建材屋さんなんて。
本日調査する企業は、JKホールディングスです。

JKホールディングス (9896)
2010年 一株利益7.2円 配当5円
2011年 一株利益57.2円 配当6円
2012年 一株利益69.8円 配当7円
2013年予想 一株利益72.9円 配当10円
2014年予想 一株利益83.3円 配当8~10円


5年平均の売上純利益率が0.1%
5年平均の自己資本利益率(ROE)が1.5%
5年平均の配当成長率がマイナス6.89%


営業キャッシュフロー 9688億円
投資キャッシュフロー マイナス1121億円
財務キャッシュフロー マイナス1086億円


2013年4月30日現在1株672円
予想PERが9.45倍
予想配当利回りが1.49%
自己資本比率が12.8%


以上の情報を私独自に数字化をする。
長期投資家の私の見解でJKホールディングスを分析。
結果は、
100点満点中40点
投資判断格付けは、「中立C」


売上純利益率と自己資本利益率(ROE)がやっぱり低い。
どうしようもないな。
日本の建築業界も厳しいでしょうしね。

投資の参考にしていただければと思います。
投資は自己責任です。
余裕資金で、投資をお楽しみください。
それでは、また

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村
現在無料で創刊しております、株投資判断格付けのメールマガジン「ゆったり犬の日本株投資判断格付け研究所」
新興株を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の新興株投資判断格付け研究所」
話題の銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬の話題の銘柄株投資判断格付け研究所」
アメリカ株銘柄を中心に分析、株投資判断格付けの有料メールマガジン「【有料版】ゆったり犬のアメリカ株投資判断格付け研究所」 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 
関連記事
 | HOME |  Next »